スクラップ

業者を比較しよう

家庭ごみ

機密文書の廃棄を専門の業者に依頼することは、社内の作業効率を上げたり、セキュリティ上の面でも、大きな意味を持つでしょう。マイナンバーや個人情報保護の問題など、社内での機密文書の廃棄に対する問題は年々増加しています。安全性や効率性を鑑みても、専門の業者への委託する方がコストもかからない場合があります。しかし、機密文書の廃棄を行う業者はさまざまありますので、まずは、比較して検討する必要があります。最初にチェックするポイントはセキュリティの信頼性です。業者によっては、機密文書の廃棄方法が、異なるので要注意です。自社工場でのシュレッダー処理を行う業者は安全性が高いといえるでしょう。さらに、工場や業者のオフィスの警備体制なども確認するようにしましょう。集荷から搬送、処分に至るまで、廃棄にかかる作業をすべて一社が一貫して行っていれば、より安全性レベルが高いといえます。GPS機能などを用いた最新の監視体制が整っている業者もあります。さらに、注目するポイントは、料金と便利に依頼できるかという点です。ダンボール1箱分からすぐに回収してくれる業者は人気があるようです。また業者によっては専用ボックスを使用する場合もあります。料金は、1500円前後から依頼できる業者もあります。回収する量によっても料金が異なることがほとんどです。廃棄する量によって、業者を使い分けることもコストを下げる良い方法です。予算や、量によっても選べるので、まずは各社の特徴を把握して、自社にとって最適な廃棄業者を選ぶようにしましょう。